[トップに戻る] [使い方] [ワード検索] [管理用]
掲示板利用に関するお願い

これは池田プロダクションが広報用に運営する公式サイトの掲示板であり、
個人的なファンサイトではありません。池田プロダクションに不利益を及ぼすと思われる書き込みは、
管理者によって予告なく、また事後報告もなく削除することがございます。
また、削除の基準についてのお問い合わせには応じかねます。
上記の規約に納得された方のみご投稿くださるようお願いいたします。
納得されない方は、ご投稿をご遠慮ください。
(詳しいことは《掲示板について》の項をお読みください)

尚、最初にスレッドを立ち上げた方自身が、そのコメントを削除されますと、
後に続いているコメントもすべて同時に消されますので、ご了承ください。
消されたくない方は、ご自分で新しいスレッドを立ち上げてください。

不適切なコメントを防止するために、初回のコメントが掲載される前に確認しています。
投稿後、掲載までにしばらく時間がかかりますが、ご了承ください。
おなまえ
Eメール
題  名  
※こちらで記述された内容は、この「掲示板」ページに掲載されます。
コメント ※URLの入力は出来ません
イメージ (あなたのイメージを選択して下さい) [画像イメージ参照]
パスワード (記事のメンテ時に使用。英数字で8文字以内)
文字色

発掘しました!! 投稿者:生駒嶺 投稿日:2017/11/24(Fri) 03:09 No.22916  
bara03.gif超がつくほどお久しぶりです。初めましての方には、私は生駒嶺と申します。
生駒さん、呼び捨てで生駒嶺お呼びくださっても一切気には致しませんので。
ちょっと久しぶりすぎて、超ハイテンションすぎて、この人少し、いや、物凄〜く変わった人だなと思われるかもしれません、そもそもこのコメントが掲載されるかどうかもわかりませんので、そこはご容赦頂ければ幸いです。
前置きが長くなりましたが、あの〜、とうとう発掘しました!!
何を?と申しますと私がリアルタイムで、お年玉とかお小遣いをコツコツ銀行(実際には現在のJAバンクです)で貯金しておりましたお金で購入致しました「週刊マーガレット特別編集『オールカラー イラスト全集 ベルサイユのばら』」をです!!!
ずうっと長い間、ないー!ないー!とずっと探し続けて参りましたもので、大事にしすぎて、却ってどこにやったかすぐに忘れてしまう私、もしかしてこの人ちょっと整理整頓が出来ないのではと勘違い、いやいや、もしかするといい大人なのに未だに整理整頓が出来ない頭の悪い人かも・・・
前述のイラスト全集の他にですね、「自選複製原画集 池田理代子 ベルサイユのばら 」、「複製原画集 『オルフェウスの窓』 オリジナル・イラスト・セレクション 月刊セブンティーン特別編集」もありました!!
価格は当時(どうでもいいですか?)順に 380円、1800円、980円、今のお値段だと一体いくらになるのか見当もつかないくらいの・・・
ネットオークションって怖くて全く検索したこともないくらい昔の人間、もしかしたらこの人、戦前の生まれではないのかと勘違いされるのではないかもしれない?くらいのリアルの読者です。もちろん売りませんよ。私が亡き後は、もし遺族がいてくれたとしたらですが、ちゃんとしたところに持って行ってもらいたいと一応遺言書を書きたいと思っています。
ベルばらはMCで3巻くらいからリアルタイムで、それこそ今は少女漫画は週刊誌がないから今のお若い方はご存知ないかもしれませんが毎週毎週、来週は一体どういう展開になるのかしらと一日千秋の想いで毎日毎日飽きもせずに何回も何回も繰り返し読んでいたのを思い出します。
今、こちらに訪れるいらっしゃる方はそんな作品あるのか、私は今はちょっと心も身体も余裕がなくて、いえ決して重篤な病気、仕事、介護で忙しいというわけではなくて、オスカルがポリニャック伯爵夫人に「そのお年で更年期障害でござるか?」(一言一句でも間違っていたらお許しください。コミックスを本棚から持って来て調べるといいことなんですが…)かな?みたいなセリフがあって(記憶力がなくてすみません)その当時は更年期障害なんて言葉、どんな症状に悩まされるのかすら知らないくらい子供だったのが、今もう10年近くもそれで苦しんでいます。
理代子先生は40代でかかられたそうで、まさか更年期障害とは思いもよらず、大変苦しまれて誌も覚悟なされて、更年期障害なんだ、良かったー(病名がわかって良かったの意味だと記憶しておりますが…)と仰っておられたのを確かテレビで拝見していたようで今まさにそれをほんの少しですが体験しております。
婦人科専門の病院に行けば、良くなるそうなんですが近所になくって、しかも私は妊娠・出産を経験していなく、産婦人科は敷居が高いと言うか、出産できる女性が羨ましいと言うか、いえ、決して子供好きではないのですが、自分と夫のDNDを継承してくれる子供の顔がみたいというか・・・子育てに自信が100%ないから、なくて良かったかもしれないんですけどね。
長文を書いてしまいましたが、申し訳ありませんでした。
実は今、二親(両親)を亡くしたところでこんなことを書いている場合ではなく、と言うか他にしなければならないことが山積みで、ゆとりができたらこれらの本たちをゆっくり眺めたいと思っています。
実は大事にしすぎて、複製原画をまとめている封と言うかそれすらも解いていなくて、大人になった今なら 眺める用と保存用と買えたのにと残念でなりません。
落ち着いたら封を破らないように大事に大事に取り出して思う存分眺めて思い出に浸りたいと思います。
でも漫画を読んだら頭が悪くなると言う(言う暇すらない?)両親だったことを個人ごとですが感謝しています。
最後になりましたが、こちらのサイトは余裕のある時、いつも読み逃げだけはさせて頂いておりました。
次はいつ投稿できるか、掲載されて更にお優しくて奇特な方がコメントを万が一にでもくださってもお返事できるかどうかもわかりませんが、その時はお許しください。
乱文、誤字脱字があればお許しください。
理代子先生はじめ皆様のご多幸をお祈り致します。


****** エトワール - 2017/11/25(Sat) 00:49 No.22917  

chara02.gif※ コメント表示の確認待ちです。管理者のチェック後に反映されます。


ビッテと共に、行ってきます 投稿者:もっちゃん 投稿日:2017/11/14(Tue) 23:00 No.22913  
chara01.gif池田理代子先生、そしてこのページに訪れる皆さま。
とても幸運なことに、今週末から、ウィーンへ演奏旅行に行って参ります。
曲は、モーツァルトのレクイエムを歌ってきます。
池田先生も、何度か歌ってくださってるあの名曲を、コンチェルトハウスで、歌うというとてもラッキーなチャンスに恵まれました!合唱団メンバーの中に、以前に東京で、池田先生のソロの時に、モーツァルトレクイエムを歌った仲間もいて、
今度は、マリー・アントワネットの生誕のウィーンで歌えるのね!と喜んでます。
とても練習は厳しく、ハードな時間ではありましたが、何とか指揮者先生からも、その調子を忘れずに!とお言葉をもらうこともできました。
今年の春から練習を重ねてきて、合間の休憩時間には、ベルばらパッケージのグリコビッテを、仲間とおいしく頂き、またそれで元気も出て、ほんとに今年はツイてました。
パッケージのセリフにくすっ!と笑ったり、しんみりしたり、
思わず脱力...の時もありましたが、変にりきみかえることもなかったから、池田先生、ビッテ、ばんざい!まんまでした。
近所でちょっと大人買いしてきたので、またコンサート本番前に、仲間で食べます。
パッケージは、オスカル様...と言いたいところですが、やはり、マリー・アントワネットのほうが、いいのかなあ〜。
いやいや、まずは練習ですけど!


Re: ビッテと共に、行ってきます ねこきち - 2017/11/17(Fri) 08:44 No.22914  

bara04.gifウィーンで歌を歌われるのですか‼‼すごすぎてなんて言えばよいかわかりませんが、おめでとうございます!
そんな世界の方が理代子先生の作品のファンにおられるなんて感激しました。
ウィーンはイザークを連想します。アナスタシアかな。ウィーンに演奏旅行で来て大事なメモを落としたことから、何人もの運命を変えてしまったアナスタシアさん。
くれぐれもメモの落とし物には気をつけて下さい。イザークに会ったら「イザーク、おめでとう」と伝えてくれ❨by アレクセイ❩


Re: ビッテと共に、行ってきます もっちゃん - 2017/11/17(Fri) 21:09 No.22915  

chara01.gifねこきちさん、ありがとうございます!いやいや、下手の横好きで、合唱を習っていて、鬼のように厳しい先生がお師匠さんなので、なんとかこういう機会にも恵まれただけです。
理代子先生の、「47才の音大生日記」も、すごく勉強になりましたね。師匠が怒鳴って、譜面台を飛ばしたくらいで、歌が嫌いになることはない!オスカル様だって、つらいからって途中で投げ出さないぞ〜!って、仲間で励ましあって続けています。
ふふふ、メモを落とさないように、イザークを見落とさないように、がんばってきます!
理代子先生&ベルばらファン仲間もいるので、マリアテレジアやマリアアントニアの世界にも、浸れるのが楽しみです。


大エルミタージュ展 投稿者:エトワール 投稿日:2017/11/04(Sat) 17:11 No.22900  
chara02.gif本日でしたね。実は私もラッキーなことに休みだから行ける!並ぶぞ!の意気込みでしたが、仕事でミスってしまい早朝から職場に向かって、最終的には事なきを得ずでありミスにもならなかった、いやいやニアミスでしたね。ホッとできてから、神戸岩屋の県立美術館に向かったんですが到着が11:25…整理券配布はとっくに無くなってます。はい。だけど、ここまでは来て諦めたいと思いまして、しっかりその後絵画を堪能。音声ガイドはソ連時代から好きだったチェブラーシカを選んで楽しみました。
アナウンスでトークショーの整列も聞こえてきました。羨ましいけど仕方ない。きっと、こちらで皆様方がレポしてくださると信じてますので、楽しみにお待ちしてますね。
理代子先生、今日は神戸までありがとうございました。そして、お疲れ様でした。


Re: 大エルミタージュ展 ねこきち - 2017/11/06(Mon) 11:09 No.22901  

bara04.gifエトワールさま、レポートします。トークショーはなんと一時間半もあり、充分に先生のお話しが聞けましたよ。骨折されたというブログ記事を読んで心配していましたが、先生はお元気そうでほっそりされていて美しく、エカテリーナというよりもオスカルのイメージでした。
司会のかたが言い間違えた時に、[林真理子さんはエテカリーナと言ってるのよ]と司会のかたをかばわれていました。
エルミタージュ美術館に何回も行かれてるお話や、初めてシベリア鉄道から見たロシアの白い大地のことと、シベリア流刑になれば逃げれない土地だとのこと、[レオニード.ユスーポフという格好いい軍人を登場させました]とも話されていました。ユスーポフ家は三枚しか絵画を持ち出せなかったから残りはエルミタージュにあるとのお話しに、[オルフェウス]の革命後のヴェーラを思い出しました。
オスカルがパンタロンからキュロットに変わったことや、21世紀を先取りしていたのはマンガの世界だったことなど、現代史の講座みたいで知らなかったことや作品を読んでも気付けなかったことを教えて頂けました。
また、現在は朝の海を見て朝の二時間を大切にされていることや、お金はあるだけみんな使うことなどを話されて、全然の日常の生活を想像しました。
生まれ変わるならアントワネットよりエカテリーナがいい、30半ばで首をちょんぎられるのは嫌だとの言葉に会場が沸いてました。先生はご自分で貴重なコーヒーカップの小さいサイズのをプチプチに巻いて持ってこられていて、先生が退場されたあとカップを取り囲んでたくさんの人が感激していました。男性が、[五十年てホントやろか?どうみても40代やろ]と言ってて笑ってしまいました。
会場は満員で別室でモニタリングしてるひとが100人いたそうです。
私の下手な文で伝わったかな、心配です。


Re: 大エルミタージュ展 ねこきち - 2017/11/06(Mon) 17:50 No.22902  

bara04.gifあほです、わたし。全然→先生の、間違いです。失礼しました


Re: 大エルミタージュ展  - 2017/11/07(Tue) 10:04 No.22903  

bara01.gif横からスミマセン…
ねこきち様、情報ありがとうございます!
「レオニード・ユスーポフというかっこいい軍人を登場させた」と先生がおっしゃっていたのですね!すごく嬉しいです。
その上、革命後のヴェーラを思い出したとのねこきち様のコメントに、またオル窓熱が燃え上がってしまいそうです!!
ところでニコライ二世や史実のユスーポフ公爵の肖像画などは出展されているのでしょうか?

私も理代子先生はエカテリーナのイメージでした。
美貌だけでなく、知性と教養を兼ね備えた理代子先生を尊敬しています!!
(イザークを敬愛するクララのように)


Re: 大エルミタージュ展 ねこきち - 2017/11/07(Tue) 17:20 No.22904  

bara04.gif智さま、こんばんは。絵画ですが、私はルネサンスとかなんちゃら派とかに全く知識がなくて、ヨーロッパの古い絵が一杯で、位のレベルなのです。ユスーポフさんの肖像画はなかったけど、ニコライについては全く記憶の彼方です。
ユスーポフ家などの大貴族の所有の絵がエルミタージュにあると聞くと、これからロシア旅行されるかたには、別の意味でワクワクする旅になるのではないでしょうか。
先生は、ロシアのような寒い国には冬に行くと素晴らしいとの意味のお話しをされていましたが、オル窓の人物たちが眺めたに違いない河や建物や絵を見てみたい気持ちがわいてきました。


Re: 大エルミタージュ展 春の雪 - 2017/11/07(Tue) 21:52 No.22905  

bara02.gifねこきち様、レポをありがとうございます。1時間半のトークショーなら、かなり内容の濃いお話が聞けたのではないでしょうか。ユーモアを交えながらのお話で、時間の経つのがあっという間だったでしょうね。ねこきち様のおかげで、私もトークショーのおこぼれを預かり、どうもありがとうございました。

 博識な先生のお話を、いつかどこかで生で聴ける日を願っています。マーガレット新年号に掲載される「ロザリー編 第3話」を楽しみに待っています。


Re: 大エルミタージュ展 エトワール - 2017/11/07(Tue) 21:58 No.22906  

chara02.gifねこきち様〜\(^o^)/
ありがとうございます!(人''▽`)
本当に本当に・・・充分に伝わっておりますです。1時間半もの間、語ってくださったのですね〜
私は当時「ソ連」が大好きでした。社会主義の良い意味での時代のソ連ですけどね。好きだった理由は勿論、小中学生時代に読んだ「オル窓」のアレクセイ達の想い等で興味が沸き、その後に掲載された「エカテリーナ」で、ロシアの更なる歴史への関心。まだ中高生の私にはソ連に旅行など夢のまた夢でしたが、「ベルばら図鑑」?だったかな。その中に連載中の「オル窓」取材でソ連を旅行されておられた理代子先生の写真を眺めて、「良いなぁ〜」と憧れが募り、大人になって1988年に念願叶って「ソ連」の地を踏むことができたのです。憧れのアエロフロートに乗って、ハバロフスクに着いて・・・シベリアを体感しながら、「オル窓」の登場人物に想いを馳せ、レニングラードやモスクワを堪能・・・レーニン像を見て涙した記憶が・・・
エルミタージュでは先生の「エカテリーナ」の生涯を思い出していて、実に有意義だったことを思い出します。
智様、私たちは理代子先生のファンですから当然の如くお話しを伺えば色んな登場人物を想い浮かべてますよ〜
私もヴェーラの逃亡時の姿、旅券の写真の短髪にクスリを笑ってレオニードに茶化して話す時のあの覚悟、革命派の弟との再会など今でもドキドキを隠せない。ヴェーラさん大好きでした。あっ、マリア姉さまも〜
エルミタージュの美術品より建物の方に興味があった私でしたけど、ついぞ最近観劇した宙組の「神々の〜」のおかげで、違った楽しみ方もありました。
理代子先生がこうして皆さんの前で当時のこと、現在のことを語っておられたんだと教えて頂けて大変嬉しく思います。
私はレポが苦手なので、すぐにみんなを頼ってしまう〜
だから、同じものが好き!という集まりって素敵ですね〜
ねこきち様、最後に「コーヒーカップ」はどういったものなのでしょうか?置いていかれた?また教えてください〜


Re: 大エルミタージュ展  - 2017/11/08(Wed) 14:15 No.22907  

bara01.gifねこきち様、お返事ありがとうございました!
東京で開催された時に行けばよかったのに、人込みに怖気づいて行かなかったことを今更ながら後悔しています。
ねこきち様のレポートに感謝です。

エトワール様、ありがとうございます!
ヴェーラが旅券の写真を見て笑ってレオニードに話す場面は私も印象に残っています。
その後の二人の涙がまた切なく…
それにしてもエトワール様、ソ連へいらしたことがおありなのですね!
私、ロシアへは行ったことがないんです。
エトワール様がソ連へ行かれた1988年は私はレーゲンスブルクへ行ってましたね。その2年後はベルサイユへ。

今年はロシア革命100周年で、それ関連の本も出ているので読んでいるところです。
オル窓関連本も出ないかな…


Re: 大エルミタージュ展 ルタオ - 2017/11/08(Wed) 19:14 No.22908  

bara02.gifねこきち様、レポありがとうございます。行けなかったので、レポほ本当に感謝です。

智様、私も展覧会には行っていないのですが、展示作品はルネサンスからロココまでですので、残念ながらニコライ2世の肖像は展示されていないかも。
カップはもしかしたら、展覧会の公式フェイスブックに写っているものでしょうか。大エルミタージュ facebookで検索してみて下さい。


Re: 大エルミタージュ展 エトワール - 2017/11/09(Thu) 14:26 No.22909  

chara02.gif智様、「オル窓」はオンタイムで毎週の発売を楽しみにしていた私でございます。青春の半分を理代子先生の影響で埋まったようなもの。いや人生でいっても1/3は理代子先生の影響になるのでは?と思ってますね。だって、宝塚好きもきっかけはベルばらなんですし、こうして海外旅行したのも、漫画にのめったのも(笑)、今は違うものに興味があったとしてもそこに至るには・・・です。う〜ん、理代子先生おそるべし。特にオル窓はね〜音楽にも関心を高くしてくれましたもの。ヴァイオリンの素晴らしさとか、オーケストラにもハマりました。あのブームになった「のだめカンタービレ」(ドラマにハマった)の時には改めて「オル窓」を読み直しましたしね。
制服姿の男の子たちってのもね♡(おいおい)
当時ドイツを舞台にされていた時は夢のような世界。神話のオルフェ達の物語は基本的に神話好きだったところに、あのイラストでしょ?あれは中学生女子には〜
智様はレーゲンスブルクに行かれたんですね〜私はちょこっと2泊だけのドイツの地のみ・・・本当にオル窓ツアーでもあったらね〜(でも、今は行けないな〜)ヨーロッパって昔のものを大事に残されてますものね。日本ももう少し文化財保存を・・・やはり木造建築は難しいかな。
エルミタージュ展のタイトルから外れたものになってるけど、関西の皆さま、理代子先生には会えなくてもエカテリーナ様がお迎えくださる展覧会にぜひ!もしかすると・・・あの日以降だったらルタオ様の書き込みのように、理代子先生関連の何かが展示されてるかも?ですよね。


Re: 大エルミタージュ展 しかこ - 2017/11/09(Thu) 17:39 No.22910  

bara03.gif横から失礼します。私も行ってお話を聞いてきました。
ルタオさまのおっしゃるとおりです。公式facebookにお話とカップの写真が載っています。後、ナポレオン時代の軍服がかっこいい理由もお話されました。「軍人を集めやすくするため、女性が恋人や息子に着て欲しいと思うようなデザインに…」考えたらゾッとしますよね。
智さま 残念ながら肖像画はエカテリーナ様だけでした。

私は4年前の今頃、こちらでロシアへ旅された方の書き込みを見て翌年の春先ロシアへ飛び出しました。単にツアー代金が安いシーズンだからと決めましたが正解でした。エルミタージュ美術館はすいていました。子ども達が見学に来ていて、案内している人はエカテリーナ様のイメージでしょうか、バロックかロココ時代のローブを着ていました。なんて素敵!と思いました。6時間いましたが、広すぎてすぐ自分がどこにいるか分からなくなるし、慣れた頃は出る時間!時間が全く足りませんでしたよ。暖冬で雪に映える建物を見ることができなかったので、次は極寒の季節を目指します。もちろんツアー内容を吟味します。

今年はロシア革命100周年。私がかけ足旅行で見たエルミタージュ、エカテリーナ宮殿、クレムリンはロマノフ王朝の権力と財力をこれでもかと思い知らせるものでした。同時に革命は必然と思わせるものでもありました。



Re: 大エルミタージュ展 ねこきち - 2017/11/09(Thu) 18:17 No.22911  

bara04.gif先生が持ってこられたミニコーヒーカップは、王室所縁のもののレプリカのようでした、たぶん(言い訳させてください。一時間半の間、ほとんどの時間を先生一人が話し続けておられ、エッセイ本を一冊読むくらいのボリュームのお話しをされたので、細部は覚えていないのです)1500程しか作られないうちの500番台のシリアルナンバーのカップでした。先生は皆さんが近くで見られるように置いていって下さりました。「送ってくれればよい」と、おおらかな先生でしたよ。


Re: 大エルミタージュ展  - 2017/11/10(Fri) 13:40 No.22912  

bara01.gifルタオ様、ルネサンスからロココまで、なんですね。
情報ありがとうございました。
しかこ様にも情報をいただき、ありがとうございました。
エトワール様、私も理代子先生から色々な影響を受けています。歴史とか語学とか…。
そして「のだめ」のドラマには私もはまりました(笑)。
それはやっぱりオル窓と同じく音楽を扱っていたからなんですね。
のだめの彼氏役の俳優がちょっとクラウスに似ててかっこよかったし(笑)。
しかものだめはベルばらファンという設定でしたよね。
「アンドレー!」とか叫んでましたね(笑)。


ヨーグルト 投稿者:デルーカ 投稿日:2017/11/03(Fri) 11:01 No.22899  
chara01.gifヨーグルトのモニターはやはり、ネットにつながっていないとだめだそうです。残念ですが、このように諦めなければいけないことがたくさんありすぎです。今時スマホも持っていないと損ですねェ。シクシク


今度はアロマカレッジですよ〜 投稿者:エトワール 投稿日:2017/10/25(Wed) 02:02 No.22882  
chara02.gif皆さま、この度の台風の被害等大丈夫でしたでしょうか?まだ油断できないようですので、しっかりと災害対策をしていきましょう。
池田先生も熱海の方にお移りになられたそうですので、イメージとしては台風など大きな影響がありそうにも思います。お気をつけてお過ごしくださいね。
さて、ビッテの方はチラホラとハガキ当選の方の情報も入り、私もハガキこそ出てないけど、な、何と本日宝塚ではなく(もう宝塚の土産物屋からはほぼ消えた?)地元のお菓子のデパート的なお値段もリーズナブルな店頭に見事に陳列!しかも、お値段も宝塚(定価)より安価!更にたまたまタイムサービス中で20%オフ!だったので、思わず買わずにはいられず、大人買いしちゃいましたよ・・・(まだ開封してません。楽しみは落ち着いて・・・)しかもオスカル様もちゃんといらっしゃいましたしね。
そしてインフォメーションをのぞけば、今度はアロマ!ついつい診断までして頂きました。ありがとうございます。
デルサイユも賛否両論でしょう。内容には呆れましたが、発想と場面のチョイスには笑ってしまいました。おんな風に考える力はなかなかなもんだ・・・思いもよらず・・・(いえいえ、毎回どのパロディもです。あのスケジュール帳の時も)
まだまだ、池田先生の作品は輝き続けるということでは、喜んでおります。
「ベルばら・・・ばんざい!」です。美術館では「エカテリーナ」も扱われるので、ぼちぼち音楽の何かで「オルフェウスの窓」もクローズアップしてもらいたいですね〜


無題 しかこ - 2017/10/25(Wed) 17:19 No.22883  

bara03.gif今度の週末も台風で、池田先生が神戸にいらっしゃる時は穏やかな天気であってほしいと思うこのごろです。

ビッテはいつの間にか普段買い物に行くスーパーすべてベルばら”になりました。昨日もオスカルさまとアンドレの強い視線を感じ…でも、ハガキは…(涙)終了!宣言はどこかに行ってしまいました(笑)

コラボ企画も続々!やはり影響力のある魅力的な作品と世の中に認識されているのですね。池田先生の講演会でベルばらパチンコについてのお話を聞きましたから、企画があることはうれしい事と思っています。でも、ファンにとっては「神聖な作品!神聖な登場人物!」と企業様に認識していただきたかったと思ったこともあります。

エピソード ロザリー編を拝読し、歳を重ね看取り見送る事はとても辛い事だけど、できる事は幸せと思いました。いつの間にかそんな歳になりました。後編ではどのような思いに出合うでしょうか。

不順な天候の折、池田先生、皆さまご自愛ください。





Re: 今度はアロマカレッジですよ〜 ねこきち - 2017/10/26(Thu) 15:57 No.22886  

bara04.gif昼休みに本屋に行って、マーガレットを購入しました。ロザリー編にはハラハラしました。続きが気になりすぎて午後からの仕事がはかどりません。
フランス革命から19世紀のフランスは、ただただ平凡で穏やかに生きていたい人間には過酷な時代だったんですね。
それに比べたら、非常におびんぼーでも誰に監視されることもなく命を狙われることもなく、午後のひとときをビッテ食べながら、コーヒー休憩出来る私は幸せです。
コーヒー休憩=サボりとも呼ばれますが。
席にもどらねばなりませぬ。


ヨーグルト 投稿者:ラデュレ 投稿日:2017/10/26(Thu) 13:00 No.22885  
chara03.gifいったい、ヨーグルトって何の話なのか?さっぱりわからなかった私は、今頃、やっとインフォメーションを見て、納得しました。しかし、このインフォメーションって出るのが早くはないですよね。もっと早めに出して欲しいです。そうしないと皆さんのご意見についていけない私なのでした。
モニターいいなぁ。私もやろうかな。コミックをこんな風にアレンジされた方って、きっと高島屋と同じ方なんでしょうね。アントワネットが一番面白かったです。3日坊主を強調させて言いなぁ。こういうアイディアが湧く方って羨ましいです。

[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]
- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No パスワード

- KENT & MakiMaki -