[トップに戻る] [使い方] [ワード検索] [管理用]
掲示板利用に関するお願い

これは池田プロダクションが広報用に運営する公式サイトの掲示板であり、
個人的なファンサイトではありません。池田プロダクションに不利益を及ぼすと思われる書き込みは、
管理者によって予告なく、また事後報告もなく削除することがございます。
また、削除の基準についてのお問い合わせには応じかねます。
上記の規約に納得された方のみご投稿くださるようお願いいたします。
納得されない方は、ご投稿をご遠慮ください。
(詳しいことは《掲示板について》の項をお読みください)

尚、最初にスレッドを立ち上げた方自身が、そのコメントを削除されますと、
後に続いているコメントもすべて同時に消されますので、ご了承ください。
消されたくない方は、ご自分で新しいスレッドを立ち上げてください。

不適切なコメントを防止するために、初回のコメントが掲載される前に確認しています。
投稿後、掲載までにしばらく時間がかかりますが、ご了承ください。
おなまえ
Eメール
題  名  
※こちらで記述された内容は、この「掲示板」ページに掲載されます。
コメント ※URLの入力は出来ません
イメージ (あなたのイメージを選択して下さい) [画像イメージ参照]
パスワード (記事のメンテ時に使用。英数字で8文字以内)
文字色

はじめまして 投稿者:姫宮 投稿日:2023/10/09(Mon) 14:12 No.23609  
chara01.gifアニメ版「ベルばら」全話を先程見終わりました。
放送当時、まだ小さかったので理解が出来ませんでしたが大人になり改めて素晴らしい作品だったんだと思いました。後日、宝塚版も観たいと思います。
素敵な時間を、感動をありがとうございます!


ベルばらエピソード 投稿者: 投稿日:2023/10/03(Tue) 16:45 No.23606  
chara01.gifノーベル賞の季節なのでベルばらエピソードを読み返しています。エピソードはどれも好きですが、やっぱり最後のロザリー編が一番好きです。エロイカとも関連してますし。ロザリーの目を通してベルばらのその後が、フランソワの自立を絡めて描かれていて、本当に素晴らしいです。ファビアン・ノーベルもとても魅力的なキャラクターですね。彼がスウェーデンの王制を終わらせ共和制を作ろうとしていたというのは史実なのですか?非業の死を遂げるのも?
ベルばらエピソードは本編よりもさらに深い内容で、今は本編以上に好きです!フランソワのその後が気になります。キリがないですね(笑)


Re: ベルばらエピソード 池田理代子 - 2023/10/05(Thu) 13:00 No.23607  

bara01.gifファビアン・ノーベルのこと、よくお気づきになりましたね。
ノーベル賞のノーベルとかかわりがあると気が付く人は少ないだろうと思って書いたのですが。
ファビアンは架空の人物です。


Re: ベルばらエピソード  - 2023/10/05(Thu) 16:22 No.23608  

chara01.gif理代子先生、お返事ありがとうございます!
いえいえ、コミックスの後書きに理代子先生がノーベル賞との関わりについて書かれていたので、そうだったのか!と思ったのです。ノーベルという名前なのでノーベル賞のノーベルと何か関係があるのかな〜とは思いましたけれど。一族が科学者というセリフもありましたし。
ファビアンは架空の人物なのですね!誰かモデルになった人物はいるのでしょうか?


ワイン本 投稿者:スレッド 投稿日:2023/09/28(Thu) 12:25 No.23605  
chara03.gifワインの柘榴という本を拝読させていただきました。理代子先生はとても恵まれているお方なのに、すごーく自己評価が低い方なのではないかと思ってしまったのですが、謙遜をなさっておられるのでしょうか?もし自分に自信が持てなかったとしたとしても理代子先生もお仲間だと思えれば心強いですよね。なんだか雲の上の理代子先生が身近に感じられてしまいました。失礼ながらいい意味で受け取っていただけたらと思います。


無題 投稿者:ちひろ 投稿日:2023/09/17(Sun) 23:29 No.23601  
chara01.gifわたくしも、『オルフェウスの窓』大好きで
定期的に読み返ししております。

ドイツに住んでいた友人が
“ドイツ女性は強い”と言っていました。
まさに、マリアバルバラさん、芯の強さを感じます。

その他、イザークが大大ダイスキで結婚したいくらいです(笑)


Re: 無題 コットンパール - 2023/09/18(Mon) 21:29 No.23602  

chara01.gifオル窓、私も好きです。

特に第二部が好きです。人は周囲に居る人に感化されたり、環境に押し流されつつ生きるものです。イザークもときにはそれらに負けそうになりますが、それでもやはり自らの音楽を追求し続けたイザークの生き様が鮮やかです。登場人物の中で、最も自己の真実に従って生きたのはイザークではないでしょうか。

マリア・バラバラさんも素敵ですね。一見、「家」に縛られているように見えますが、変わってゆく時代の中で決して自分を失わず靱やかに生き抜く姿は魅力的です。

第三部ではミハイルとアントニーナに惹かれます。彼らをみていると「愛とは、互いを見つめあうことではなく、ともに同じ方向を見ることだ」というサン=テグジュペリの言葉を思い出します。彼らは同じ方向を見ていなかったから破滅しました。そして、少し飛躍しますが、同じ方向を見ていたオスカルとアンドレは、生きていればきっと困難を乗り越えられただろう、と確信しております。


Re: 無題  - 2023/09/19(Tue) 13:34 No.23604  

chara01.gifコットンパールさんの、最も自己の真実に従って生きたのはイザーク、に同意です!

ユリウスは第三部では記憶喪失ゆえに、クラウスはドミートリィ・ミハイロフの弟としての自覚をさらに深めていくため、第一部とは印象が少し変わったと感じますが、イザークは最初から最後まで変わらないですね。
オルフェの真の主人公はやっぱりイザークなんですね✨
マリア・バルバラさんとダーヴィトも印象が変わらないですね。


何度読んでも 投稿者:泉 けい 投稿日:2023/09/10(Sun) 14:09 No.23595  
bara04.gif感動、号泣,飽きません。オルフェウスの窓。月間セブンティーンに連載されていた当初、発売日が待ち遠しかった当時を
思い出します。
大好きなマリアバルバラの人生に、幸せの匂いを感じてわたしもハッピーです、オルフェウスの番外編や続編が読みたいです。


Re: 何度読んでも 池田理代子 - 2023/09/12(Tue) 12:11 No.23596  

bara01.gif私にとっても、ライフワークと言える作品なので、嬉しいお言葉です。
番外編は何作かありますよ。


Re: 何度読んでも ねこきち - 2023/09/16(Sat) 06:37 No.23599  

chara01.gif月間セブンティーン、懐かしい!
表紙がヒロコグレースさんでした。小学生だった私はあの美しいお顔に憧れていました。
本屋から家に帰る途中で我慢できなくて、横断歩道手前のベンチでオルフェウスだけ読みました。
心はウィーンのまま大阪河内の下町を歩く私。着流しのおじさんが風呂屋に歩いていくのとすれ違い、おかしい、ここはウィーンのはずだと現実に幻滅することもありました。
すべてが懐かしい思い出です。
秋になるとオルフェウスの窓を読みたくなります。
いつの間にかユリウスどころかマリア姉さまの歳も超えてアレクセイのお祖母様に近づいていますが、心の片隅には乙女の私が残ってるみたいです。


Re: 何度読んでも ちひろ - 2023/09/17(Sun) 23:23 No.23600  

chara01.gifわたくしも、


Re: 何度読んでも 待ってます - 2023/09/18(Mon) 22:20 No.23603  

bara01.gifオル窓の連載終了後、理代子のひとりごとの『近々、オル窓の番外編をかく予定です』の先生のお言葉に10代だった私は、一日千秋の想いで待っておりました。十数年後、20世紀末に番外編をやっと読むことができ、イザークやクララの登場も嬉しかったのですが、クラ&ユリには全く触れていなかったのが、残念でした。コラージュのような明るい番外編も読んでみたかったです。ユリ娘、成長したユーベルのイラストだけでも拝見したいです。21世紀中の切なる願いです。(笑)


クローディーヌ…! 投稿者:Piroenne 投稿日:2023/09/15(Fri) 02:38 No.23598  
bara04.gifを、読み返していました。
モーラが作っていた、ココアとコーヒーと紅茶を一緒くたにした飲み物というのが
すごく気になっていて真似してみたいのですが、なかなか勇気が湧きません(^^;;
でも、おいしいんですよね??
それぞれの配合、分量が気になります、、、

[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]
- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No パスワード

- KENT & MakiMaki -